strongタグを利用したSEO対策

今日は、弊社スタッフの清宮より

SEOやPPCといったリアルに実践している

生のノウハウを配信致します。

 

こんにちは、清宮です。

 

真夏日が続いてますね~

 

こんな暑い日にアイスが食べたくなります!

 

コンビニに行ってアイスでも買ってきます!

 

本日のキヨマガは「strongタグを利用したSEO対策」です。

 

まずstrongタグとは、

ソースコード(HTML)の中で特定の単語を強調することができるタグです。

 

例えば、

HTML文章中に<strong>〇〇○</strong>というタグで単語を囲むことで

〇〇○という単語が太文字で表示され、

なおかつ、検索エンジンにも

強調された単語は重要な単語であると認識されます。

 

 

それによって、SEO効果があります。

 

使い方を間違えると、

逆にSEO効果がなくなるので気をつけてください!

 

1つは、使いすぎです。

だいたい、1ページに3つまでが理想とされていますが、

多少使いすぎても、ペナルティなどにはなりませんが

あまりにも多いと評価を落とします。

 

2つめは、

強調したい単語にstrongタグを利用してください。

単語にstrongタグを利用してください。

文章にstrongタグは利用しないでください。

 

3つめは、

同じ単語を何回もstrongタグを利用すると不自然なので

キーワードの関連のある単語などもstrongタグを利用してください。

 

4つめは、

見出しなどには、strongタグは利用しないでください。

<h2>~,<h3>~、などの見出しダグはすでに

検索エンジンに強調されていますので、

strongタグを利用する必要はありません。

 

 

本日のキヨマガは以上です!

有難うございました^^

 

次週の清宮のノウハウを楽しみに!

それではよろしくお願い致します。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ