インプレッションの機会損失を防ぐ!

こんにちは、マーケッターKENです。

 

今日は、弊社スタッフの清宮より

SEOやPPCといったリアルに実践している

生のノウハウを配信致します。

 

こんにちは、清宮です^^

 

昨日、ジムで筋トレをやりすぎて筋肉痛です~><

 

2ヶ月後には肉体改造がさています!

 

本日のキヨマガはPPCネタです。

 

「インプレッション(広告の表示)の機会損失を防ぐ!!」です。

 

PPCでは、

インプレッションがなければ、

クリックもありませんので、商品がうれません。

 

アフェイリエイトができません><

 

なので、インプレッションはとても重要です。

 

ヤフープロモーションでは、

インプレッションの機会損失されている

損失率というのが確認できます!

 

機会損失率を確認することで

現状確認し、改善して、

インプレッションが増えていきます。

 

インプレッション(広告表示)が増えれば、

クリックも増え、サイト誘導も増え、

どんどん売上が上がります!!

 

では、

インプレッションの機会損失率の確認方法とは?

 

ヤフープロモーションの「レポート」

という機能があるのですがレポートから、

 

・インプレッション損失率(予算)

・インプレッション損失率(掲載順位)

 

が確認できます!

 

簡単に説明すると、

 

・インプレッション損失率(予算)とは?

広告表示機会の総数のうち、予算が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合です。

 

・インプレッション損失率(掲載順位)とは?

広告表示機会の総数のうち、掲載順位が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合です。

 

ちなみに、「インプレッション損失率」とは?

 

広告を表示する機会があったにもかかわらず、

予算や体裁順位によって、

広告が表示されなかった割合のこと。

 

例えば、

インプレッション損失率が50%の場合、

実際の広告表示機会が100回あったとしたら、

50回しか広告が表示されなかった、

ということになります。

 

インプレッション損失率(予算)の値が高い場合は、

キャンペーンや、広告グループに設定している予算が低いので、

設定予算を引き上げればOKです。

 

インプレッション損失率(掲載順位)の値が大きい場合は、

掲載順位が低いので、掲載順位を上げることが重要です。

 

特にスマホなどは上位表示が重要となってきます!!

 

掲載順位を上げる方法は、

 

1、キーワードの入札額を上げる

2、品質インデックスを上げる

 

とありますが、

まずは、キーワードの入札額を上げるからおこなってください。

 

さっそくインプレッション損失率を確認してください^^

 

本日のキヨマガは以上です!

有難うございました^^

 

次週の清宮のノウハウを楽しみに!

それではよろしくお願い致します。

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ