表示速度を改善して成約率を上げる方法

こんにちは、マーケッターKENです。

 

今日は、弊社スタッフの清宮より

SEOやPPCといったリアルに実践している

生のノウハウを配信致します。

 

こんにちは、清宮です!

 

だいぶ寒くなってきましたね><

 

今、下記の無料セミナーで全国を回っています。

→ http://snst.info/trak/groups/9332255/newrtb/

 

参加していない方は参加してみてください♪

 

で、昨日、おとといと札幌でセミナーでした。

 

札幌では、雪が降ってましたww

 

もう、コートが必需品です!

 

本日のキヨマガは

「ホームページの表示速度を改善して、成約率を上げる方法」

についてです。

 
SEOもPPCも重要な項目の1つです。

 

ネット回線の問題もありますが、

特にスマホサイトの場合、

サイトの表示速度が遅いと

検索ユーザーは画面を閉じたり、

「戻る」ボタンをクリックして、

離脱率が高くなります。

 

サイトの表示速度が遅いと

イライラしますからねwww

 

致命的でもあります!

 

実際に大手ECサイトのアマゾンの

調査によるとサイトの表示速度が0.1秒遅くなると、

売り上げが1%低下したと報告されています。

 

0.1秒で1%低下ってやばいですね><

 

また、サイトの表示速度は

SEOにも関係してますので

表示速度が速いとSEO対策にもなります。

 

では、

サイトの表示速度を

どーやってしらべるのか?

 

グーグルさんが提供している

「PageSpeed Insights」というサイトです。

 

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

 

まず、

アクセスして自分のサイトURLを入れて、

「分析」をクリック!

 

そうすると、

点数と修正する箇所まで

丁寧に教えてくれます。

 

50点以下はまずいです!

 

いろいろと修正するところが

でてくると思いますwww

 

表示速度が遅くなる原因は、

・サーバー

・JavaScriptやテンプレートなど

・画像が大きすぎなど

などなどあります!

 

特に画像が大きいと表示速度が

かなり遅くなりますので

サイトに表示する画像などは

圧縮して表示させると良いでしょう!

 

アフェイリエイトの場合、

やたら、バナーとか貼ると

表示速度も遅くなるので気をつけましょう!

 

訪問する前に離脱されたら意味ないですからねww

 

サイトの表示速度を上げて、

報酬獲得の速度も上げてください^^

 

本日のキヨマガは以上です。

有難うございました!

 

次週の清宮のノウハウを楽しみに!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ